2018年4月14日土曜日


牧師の日記から(157)「最近読んだ本の紹介」

奥泉光『雪の階(きざはし)』(中央公論社)著者の奥泉さんはICUの大学院で旧約聖書学を学ぶ研究者だった。その頃に並木浩一先生に紹介されて会っている。その後作家に転身し、『石の来歴』で芥川賞を受賞して、今では中堅の文学者として活躍している。その作品のすべてを読んでいるわけではないが、重厚な文体と常に新規な問題意識に富んだ小説を書き続けている。この小説も600ページ近い大作で、五・一五事件の直前の時代を舞台に、ある華族の娘を主人公とするミステリー仕立ての大作。冒頭の練りに練った古風な文体と登場人物の現代的な会話がちぐはぐで、当初は違和感があった。しかし主人公の友人の心中事件の真相を探るという謎解きに引きずられて読まされてしまった。ただ、その当時の美濃部達𠮷の天皇機関説をめぐる議論の趨勢が描かれていて興味深かった。

荒井献『キリスト教の再定義のために』(新教出版社)90歳になる荒井先生の同伴をボランティアでしている常盤陽子さんを通して頂いて恐縮した。著作集刊行後の講演やエッセーなど、単行本に収録されていないものが集成されている。政治学者の三谷太一郎さんが近著で「老年期の学問」について書いているが、荒井先生のこの本にも同じような感想を抱いた。若い時期の学問は、専門的であるが故に各論に集中するが、老年期の学問は総論的(general theory)であり、またプロとアマとの交流が不可欠とされるという。その点、荒井先生は所属するまぶね教会の仲間たちとの交流がその「老年期の学問」を支えているのではないか。

宮原守男『信仰・希望・愛』(教文館)著名なクリスチャン弁護士である著者のエッセー集。今年で91歳になるが、今も現役で、先日キリスト教会館の法務問題で相談に伺った際に頂いた。これまでの弁護士人生の実体験が紹介されていて一気に読んだ。中でも、ロッキード事件の全日空側の弁護士としての経験が面白かった。浅野順一先生から薫陶を受け、北村徳太郎のお嬢さんと結婚し、教文館や聖書協会、日本基督教団の顧問弁護士を長く続けている。キリスト教界の裏の話しに通じていて、じっくり聞き書きをしなければならないと考えている。

曾野綾子『夫の後始末』(講談社)友人から勧められて読んだ。曾野さんの小説は初期の作品に目を通しているだけで、肌に合わずにほとんど読んでいない。ただ友人のトラピスト修道会の神父と曾野さんとの共著を読んだことがあり、そのカトリックの信仰理解が気にはなっていた。この小さな本は、夫・三浦朱門の老後の看取りと死をめぐる顛末を週刊誌に連載したもので、曾野さんらしいはきはきした文体で、一本筋の通った生き方に惹かれる人も多いのだろう。

エドワード・D・ホック『怪盗ニック全仕事⑤』(創元社推理文庫)このところ学術的な研究書や大作を何冊も平行して読んでいたので、肩の凝らないものをと思って読んだ。価値のない物しか盗まないという泥棒が、不可能と思える難題を次々に解決する一種のファンタジー。EQMMに連載した短編集の新訳で、半分ほどは以前にも読んでいるが、中身はすっかり忘れていた。(戒能信生)

2018年4月8日日曜日


2018年4月15日 午前10時30分

復活節第3主日礼拝(No3

      司式 橋本  茂  

    奏  黙 想        奏楽 梅本 順子

招  詞  93-1-44

讃 美 歌  19 

主の祈り  (93-5A) 

交読詩篇  詩編140・1~14 

讃 美 歌  330

聖書朗読  出エジプト記201-17

祈  祷

讃 美 歌  528

説  教  「偽証してはならない 十戒⑨」

               戒能 信生牧師

祈  祷

讃 美 歌  579

使徒信条  (9341A

献  金             萩原 好子        

報  告

頌  栄  88(二度繰り返して)

派遣・祝福

後  奏         

 

【本日の集会】

・教会学校 お話し・橋本悠久子、奏楽・戒能直子

・礼拝後、お茶の会

2018年4月7日土曜日


牧師の日記から(156)「最近読んだ本の紹介」

渡辺京二『バテレンの世紀』(新潮社)江戸末期のこの国の姿を、来日した外国人たちの眼にどのように映ったのかを通して名著『逝きし世の面影』として紹介した著者が、今度は室町から江戸初期までの時期の異国人たちとの折衝を考証した大著。最近読んだ書物の中でも出色の好著で、耽溺するようにして読んだ。江戸末期の開国の時代をセカンド・コンタクトとすれば、ポルトガルの商船や宣教師たちの来日はファースト・コンタクトだったわけで、その両者を比較する視点から描かれている。大航海時代の初め、アフリカ西海岸へのポルトガルの進出(プレスター・ジョンを捜す目的から始まり、金の獲得、そして奴隷狩りへと至る経緯を初めて知った)から、やがて喜望峰を回ってインド洋に達し、さらに日本へと到る道筋を丹念に紹介してくれる。ザビエルやフロイスなどの宣教師たちの残した膨大な記録を渉猟して検証し、結果としてキリシタン史の全貌が描き出されることになった。キリシタン史研究については、宣教師たちの残した数多くの資料があり、研究者も多く、また各地の郷土史研究者のキリシタン弾圧史研究の蓄積がある。しかし、カトリックの立場から書かれたものと、日本側の研究は齟齬して容易に噛み合わず、その全貌が見渡せない恨みがあった。渡辺京二のこの労作は、その意味でも出色なのだ。ザビエルの宣教の実情、ポルトガルによる交易の実態、当時の仏教僧たちとの論争、織田信長や豊臣秀吉、さらに九州の各大名たちの交易による実益、イエズス会と他の宣教会との対立と抗争、そしてキリシタン信徒たちの信仰理解といった多岐にわたる論点を、比較的公平に分析してその全体像を見渡してくれる。天草次郎の島原の乱の実相についても、それが苛政に対する一揆だったのか、それとも宗教的反乱だったのかについても説得的な理解が提示される。いわゆる専門的なキリシタン史研究者でない著者が、先行研究を踏まえて、これだけの労作を残してくれたことに脱帽した。

磯部隆『ローマ帝国のたそがれとアウグスティヌス』(新教出版社)このところアウグスティヌス関連の書物を集中して読んでいる。神学読書会で岩波新書の出村和彦『アウグスティヌス』を取り上げたことがきっかけ。山田晶や宮谷宣史の著書を書棚から引っ張り出して読み直し、さらに磯部隆のこの本を取り寄せて読んだ。ローマ帝政末期の政治的混乱の中で、北アフリカにアウグスティヌスが登場する。彼はそれまで多様であった初期教父たちのキリスト教理解を、ギリシャ哲学、特に新プラトン主義を取り入れて整理し、さらにドナティスト論争やペラギウス論争などを通して基本的なキリスト教理の骨格をまとめている。この書物は、その当時の政治的混迷とアウグスティヌスの思想の関連を、なんと小説仕立てで説明する。すなわちアウグスティヌスの死の直後、その弟子の一人アリピウスの回想と、ローマ帝国滅亡の推移を交互に重ね合わせる仕方で、アウグスティヌスの神学が組織だった教理として書かれたのではなく、その時その時の状況の中で成立したことを明示してくれる。(戒能信生)

2018年4月1日日曜日


2018年4月8日 午前10時30分

復活節第2主日礼拝(No2

      司式 橋本  茂  

    奏  黙 想        奏楽 釜坂由理子

招  詞  93-1-44

讃 美 歌  19 

主の祈り  (93-5A) 

交読詩篇  詩編139・1~24 

讃 美 歌  318

聖書朗読  出エジプト記201-17

祈  祷

讃 美 歌  450

説  教  「盗んではならない 十戒⑧」

               戒能 信生牧師

祈  祷

讃 美 歌  419

使徒信条  (9341A

献  金             野口 洋子        

報  告

頌  栄  331(二度繰り返して)

派遣・祝福

後  奏         

 

【本日の集会】

・礼拝後、お話し・野口洋子、奏楽・戒能直子、

・礼拝後、お茶の会

・定例長老会

・(婦人会例会は休止)

2018年3月29日木曜日


牧師の日記から(155)「最近読んだ本の紹介」

清水透『ラテンアメリカ500年』(岩波現代文庫)16世紀の大航海時代、つまりコロンブスの新大陸発見!から現代までのラテンアメリカ500年に及ぶ歴史をたどる意欲的な論考。著者の視点は定点観測的にメキシコのインディオたちに向けられるが、さらにラテンアメリカから南米各地の植民地の歴史を概観してくれる。はっきり言って知らないことばかりだった。虐殺されたインディオたちと侵略者の手先になったインディオ・アミーゴたち、そしてポルトガルやスペインからの入植者の圧倒的多数が男性だったため混血児(メスティーソ)が増加して人種的混交が進行していく。それは北アメリカの植民とは決定的に異なる独特の南米社会を形成する。そこにカトリックの各修道会の宣教が重なる。それはヨーロッパ・キリスト教史とは全く異なった様相を帯びる。さらに各国のポルトガル、スペインからの独立の事情もアジア諸国とはまた違っている。特に戦後の南米各国の共産化を防ぐためと称してアメリカ合衆国が直接間接に武力介入した経緯を改めて知らされた。日本では、戦後の占領政策によって民主化を推進した合衆国のイメージが強いが、南米の政治史から見えてくる合衆国は、問答無用の反共的支配者、圧倒的な資本による収奪者の様相が色濃いと言わざるを得ない。そのラテンアメリカからは、日本という国はアメリカ合衆国の「ジュニア・パートナー!」と見られているという事実を忘れてはならないとつくづく思わされた。

ハルノ宵子『それでも猫は出かけていく』(幻冬舎文庫)吉本隆明の長女(小説家の吉本ばななの姉)が漫画家であることは知っていたが、羊子に勧められてその作品を初めて読んだ。自宅で両親の介護をしながら、数匹の家猫(誰も引き受け手がない病気や障害を負った猫)を引き取り、さらに近所の野良猫まで外猫として餌をやり、避妊手術をするなどの世話をする日常を、エッセーとイラストで描いている。目の前にある小動物の命に徹底して寄り添う姿勢に感銘を受けた。

吉本隆明『フランシス子へ』(講談社文庫)吉本隆明に最も懐いていた愛猫(フランシス子という名前の猫)についてのエッセー。吉本が亡くなる少し前に愛猫が死に、その追悼というか、想い出をエッセー風に書いている。おそらく吉本の最後の著作になるのだろう。戦後最大の思想家とされる吉本隆明の最晩年の日常生活を興味深く読んだ。

竹中千春『ガンディー 平和を紡ぐ人』(岩波新書)マハートマ・ガンディーの生涯をコンパクトに紹介してくれる。最近の研究も踏まえて、ガンディーその人の生き方、「非暴力抵抗運動」という思想がどのように紡ぎ出されたかを学ばされた。ところで、この本では扱われていないが、1938年のマドラス会議に出席した賀川豊彦がガンディーを訪ねている。その時の記録がインド側に残っており、その一部をR・シェルジェンがその著書に紹介している。ガンディーは、自分ならば戦争に反対して銃で撃たれる道を選ぶと賀川に助言したという。しかし賀川はその道を選ばなかった。そこに戦時下の賀川の悲劇があった。(戒能信生)

2018年3月25日日曜日


2018年4月1日 午前10時30分

復活節合同主日礼拝(No1

      司式 常盤 陽子   

    奏  黙 想        奏楽 内山 央絵

招  詞  93-1-44

讃 美 歌  19 

主の祈り  (93-5A) 

交読詩篇  詩編138・1~8 

讃 美 歌  329

聖書朗読  ヨハネ福音書20・11-18

子どもの祝福         戒能牧師

祈  祷

讃 美 歌  326

説  教  「なぜ、泣いているのか」 

  戒能 信生牧師

祈  祷

讃 美 歌  575

使徒信条  (9341A

聖 餐 式  配餐・荒井 眞、荒井久美子

讃 美 歌    81

献  金             常盤 陽子        

報  告

頌  栄  331(二度繰り返して)

派遣・祝福

後  奏         

 

【本日の集会】

・教会学校 お話し・戒能牧師、奏楽・内山央絵

・礼拝後、教会学校イースター・イベント

・愛餐会(司会・石井房恵)

13:15 車に分乗して多磨霊園へ出発

14:45 米内屋に集合

15:00 墓前礼拝(多磨霊園181630

2018年3月24日土曜日


牧師の日記から(153)「最近読んだ本の紹介」

羽田正『東インド会社とアジアの海』(講談社学術文庫)「興亡の世界史」シリーズの一冊で、ヴァスコ・ダ・ガマによる「印度発見」に始まり、ポルトガルの覇権、さらにそれに代わるイギリス、オランダ、フランスの東インド会社の歴史をその発端から終焉まで扱っている。ヨーロッパのアジア進出の全貌を見せつけられる想いだった。それは一言で言えば、植民地支配と収奪の歴史そのもの。しかしアジアに進出したヨーロッパ諸国のそれぞれの政策の差異や特質が分析されており、室町末期のイエズス会の日本宣教の実際、さらに江戸期のオランダとの交易の実情について新しい知見を与えられた。ところで「東インド会社」と称した訳は、バハマを初めとする中米を「西インド諸島」と名付けたのと区別したという事情を初めて知った。ヨーロッパ諸国にとって東と西の海の果てに、太平洋を挟んでインドが存在したということだったのだ。

佐藤優『亡命者の古書店』(新潮文庫)著者がまだ外務省に勤めていた頃、ある出版記念会で会っている。一緒に勉強会をしようと言い交わしたまま、その後、外務省のラスプーチンは逮捕されて沙汰止みになってしまった。評論家になって以降たくさんの本を執筆しているが、そのすべてに目を通してはいない。同志社神学部出身で、キリスト教関係の著作もあり、その神学理解はともかく、これだけ一般読者に読ませる筆力には感心せざるを得ない。この本は、外交官としてイギリスで語学研修をしていた時期の著者の回想で、ロンドンでチェコ関係の古書店を営んでいるある亡命者との出会いを紹介していて興味深かった。

松井桃塿『ゼノ死ぬひまない アリの町の神父人生遍歴』(春秋社)戦後間もない時期、ゼノ神父の活動拠点だった「蟻の町」は、浅草の貧しい廃品回収業の共同体だった。その後、都の斡旋で、東京湾の埋め立て地江東区潮見に移転し、現在の潮見カトリック教会になっている。私は深川教会時代、この潮見カトリック教会のルイ・コンスタン神父、さらに蟻の町の人々と親しくしていたので、ゼノ神父についての不思議な伝説をいくつも聞いていた。ポーランドの田舎で小学校もろくに出ていないゼノ少年が、コルベ神父と出会って修道者になり、来日して長崎で被爆。戦後、不思議な「ゼノ語」を操りながら、様々な社会事業を展開していった歩みを改めて辿ることが出来た。

井上寿一『戦争調査会 幻の政府文書を読み解く』(講談社現代新書)昭和2010月、東久邇宮内閣を引き継いだ幣原喜重郎は、戦争責任を調査する「戦争調査会」を設置した。かなり大がかりな国家プロジェクトとして発足したが、連合国による東京裁判の陰に隠れて実際には日の目を見なかった。しかし日本人自身の手によって、戦争の原因、敗戦の理由を検証しようとしたこと自体は注目すべきだろう。残された貴重な証言録はすべて国会図書館に収蔵されているとのこと。戦時下の政府や軍関係の指導者たちの証言は、たとえその当時のバイアスがかかっているとしても貴重な証言と言える。(戒能信生)